海外移住日記第87話 パタヤとシラチャを使い分ける

Pocket

私もいい大人ですし、健全な男子ですから、それはいっぱしの性欲はあります。しかし既述のようにシラチャでのスナック、カラオケ遊びには飽き飽きしていました。しかもどうにも割が合わない。もちろんそれでも日本で夜遊びをするよりはかなり割安なのですが・・・どうもタイ物価に慣れるとわけがわからなくなります。

ちなみにシラチャのスナックで女の子と遊ぼうとすると、飲み代(1~2時間)+女の子のドリンク代(1杯~数杯)+連れ出し料+女の子に支払うお金の総計がかかってきます。ここに具体的な数字を入れてみると、飲み代(1時間500BAHT)+女の子のドリンク1杯(150BAHT)+連れ出し料500BAHT+女の子へ支払うお金(2000BAHT)=3150BAHTがかかります。

おそらくこれが1時間遊んだ時の最安値の水準となると思います。この金額は、飲み時間や女の子へおごるドリンクの数が増えることによって、数百BAHT単位で増えていくことになります。ちなみにこれがカラオケになると、基本システムは一緒ですが、飲み代が1時間800~1000BAHTと上がり、女の子のドリンクも大概一杯200BAHTとなるので、総計は4000BAHT弱~となります。

・・・いやいやこれだったらバンコクまだ夜遊び出張した方が安くない?そう悟るわけです。何をやっているのだ私はと。確かに当時私が住んでいたシラチャプレイス記事参照から距離にするとおよそ200mほど。あるいて徒歩数分のところにスナックやカラオケが数十店舗あります。そのお手軽さは捨てがたく魅力的です。

でも、でもでもでも。正直バンコクの方が、またはパタヤのゴーゴーの方が、女の子は可愛いい。そしてかかる費用はほぼ同じ。もしくはバンコクやパタヤの方が安い、という事実が私の理性を攻撃してくるわけです。

さらによく考えて見れば、例えば仮に日本でも、名古屋市内の実家から女遊びをしに行こうと思ったら・・・まず家から最寄りの地下鉄の駅まで10分、そこの駐輪場にバイクを置いて地下鉄まで歩き、地下に降りて改札通って地下鉄乗り場へ行くと約10分。地下鉄もすぐに来るわけじゃので5分~10分の待機。そこから名古屋で夜遊びできる新栄~名古屋駅まで大体片道30分。そしてそこから店まで徒歩で5分ほど。なんて時間を計算するとおよそ1時間はかかります。

そう考えてみると当時私の住んでいたシラチャプレイスからパタヤまでおよそ40分。そこからソンテウや歩いて店まで移動、と考えると名古屋で遊びに行くのにかかる移動時間と大差ないかもしくは短いくらいです。

さすがにバンコクまで片道2時間はきつい、そう思っていましたが、こっちもよーく考えてみると、名古屋の実家から大人の社交場、岐阜の金津園、まで同じく地下鉄の駅まで行き、名古屋駅まで地下鉄で30分。そこからJRに乗り換えて岐阜駅まで。そこからお店。と考えると所要時間は実家から1時間半はかかります。どちらにしても行って帰って半日コースは間違いありません。シラチャからバンコクへ日帰りで遊びに行くのと大して変わらない・・・

ただスナックは1時間飲み放題で500BAHT~600BAHT。お酒を飲むだけならば大酒飲みの私からすれば、普通にバービヤでハイボール一杯100BAHTから150BAHTはするのを飲むよりかは、スナックで飲んだほうが格安といえます。

以上のことから私の中でシラチャは遊ぶところでなく、酒を飲むところ、と私の頭の中で決定してしまいました。以降は酒を飲むだけならシラチャ、遊びがしたいのならパタヤまで1時間かけて足を延ばす、または2時間かけてバンコクまで出張る、と目的によって使い分けをしているようになっていました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする