海外移住日記89話 パタヤからシラチャに帰れなくなる

Pocket

そんなパタヤにはまり日参していた時のこと、一度パタヤからシラチャに帰ることができず、パタヤに強制一泊したことがありました。あれは確か火曜日の仕事終わりのこと。その日はパタヤで人と会う約束があり、18時に仕事が終わった後一旦部屋に戻り着替えをして急いでロットゥ(乗り合いバン)に乗りパタヤに向かいました。

彼女との待ち合わせは19時30分。しかし案の定渋滞と途中給油というタイムロスがあり、彼女との待ち合わせ場所に着いたのは20時になっていました。SMSで知り合った彼女と小一時間食事をした後、私はシラチャに帰るつもりでした。というか次の日仕事があったので帰らなくてはいけませんでした。彼女はてっきり私がパタヤに泊まるものだとばかり思っていたようで、私と食事するためだけにわざわざパタヤまで来てくれたの?と驚いていました。

そう。君に会うためだけにパタヤに来たよ、これは好感度上がったな。そう思って私もしめしめ(死語)と思っていました。実際シラチャ-パタヤ間はたった30㎞ちょっと。道が空いていれば30分で移動可能です。全然行って来いが可能です。しかも次の日も私は朝の9時から仕事がありました。

しかし問題はこの後でした。当時私は周りのタイ人の友人にパタヤからシラチャへ向かうロットゥの最終の時間を聞いて回っていました。すると皆口をそろえて23時と言っていました。むしろ、全然ロットゥんなんてあるよ、くらいな感じでした。ちなみにその時の時刻は21時15分くらい。

誰に聞いても皆そのような感じだったので私も安心してシラチャ行きのロットゥが出る場所へ向かいました。しかし待てど暮せどロットゥは来ません。ていうか待合場所にも誰もいません。不安になってきたころ近くのタクシーの運ちゃんが話しかけてきました。

どこに行きたいんだ?

>(面倒だなと思いながら)えーとシラチャ。

タクシータクシー。

>いやタクシーいらない。ロットゥ待ってるから。

・・・ロットゥ・モッ・レーオ!(もうロットゥないよ!)

>嘘っ!?

本当。

>ははは。もういいからそういうの。

>友人からパタヤからシラチャのロットゥの最終23時って聞いてるし。

ロットゥもうないよ。その友人はパタヤの人間か?

>・・・いや、違うけど。

ほら。タクシータクシー。

一旦タクシーの運ちゃんを追っ払った後、改めて考えてみました。確かに私が聞いて回ったタイ人の友人は皆シラチャの人間。そしてよくよく考えると皆車なりバイクなり持っており普段からロットゥは使っていなさそう。・・・畜生。あいつら適当にいいやがったな。

しかしタクシーの運ちゃんの言葉を真に受けるほど私もウブではありません。一応道行く人何人からに尋ねてみました。しかし、やはりもうロットゥはないとのこと。そんな私を遠くから確認していたのか、ほらもう現実が分かっただろ、観念してタクシー使えよ、っていう表情で再びタクシーの運ちゃんが近づいてきました。というわけで一応聞いてみました。

・・・シラチャまでタクシーでいくら?

>800BAHT。

はっ800BAHT!?

この野郎800BAHTだと。800BAHTあったらLCCでチェンマイ行けるわ。逆に300BAHTで返してやったら今度は向こうが爆笑してました。パタヤの物価考えろと。ここからパタヤのホテルまでで300BAHT取るとか抜かしやがりました。

仮にそれがボッタくりでなくパタヤの正規料金(もちろんメーター使ってません)だとしても、そんな金額払いたくありません。それならパタヤに一泊したほうが安上がりだわ。というわけでタクシーの運ちゃんには丁重にお帰りいただき私はパタヤに泊まることになりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする