海外移住日記94話 ビーチロードのリア充〇ね

Pocket

一店目のサバイディーを後にした後、続けざまに、ハニー2、サバイルーム、と覗いてみることにしました。するとどこも同じく100名近くの女性がひな壇に座り、それをインド系アラブ系のお客が目を輝かせながら選んでいました。

客層がそうだからでしょうか?どこの店もインド・アラブ系の男が好みそうな、ふと目で目のふちを黒塗りにしたような派手なメイクな女性が多かったです。そしてこれもインド・アラブ系とは文化や習慣や常識が違うのか、彼の国のお客の野郎どもはみなひな壇ぎりぎりまで近づき、もう体に触るんじゃないかと思うくらいの距離で女の子を見ていました。

ちなみにちらほらと東アジア系のお客もいましたが、皆そんなインドアラブ系のお客とは一線を画し、遠くのほうから女性を眺めているだけでした。そんな良いのか悪いのか、アグレッシブな彼らを羨ましいと思うのは私だけではないと思います。

それにしてもあんなにたくさんの女性とそれを品定めする男で、大賑わいになる光景はバンコクでもシラチャでも見たことがなかったので正直圧倒されてしまいました。しかし、それとともに仕事から離れ、非日常なバカンスに来た、という実感が生まれテンションが上がりました。3店舗合わせて1時間くらい過ごし、すっかり毒気に当てられ、常識とは倫理とは何かね?という域にまで達したので、今度はビーチロードに佇んでいる女性たちを社会見学に行くことにしました。

時間は22時ちょっと前。一路ビーチロードに向かいました。ビーチにはゴザを広げて団らんする家族やカップルの姿が・・・ビーチで夜景を見ながらお酒を飲む・・・最高かよ!そしてビーチには、恋人とギターとビーチと、どこの三種の神器だよ、と思うリア充の姿がちらほらと見えました。そんなリア充達を横目に、全員○ねばいいのに、とか思いつつビーチロードをウォーキングストリートに向けて南下することにしました。