海外移住日記95 パタヤのビーチロードに驚かされる

Pocket

ノースパタヤ(セントラルパタヤ通りがビーチロードとぶつかるまでの間)には、佇んでいる女性はちらほらといった感じでした。というかあまりにも暗くて、若いんだか、おばちゃんなんだか、そもそも女性なんだか、何がなんだかわかりませんでした。

しかし、セントラルパタヤ通りを超えてサウスパタヤに入ると急に人の数が増えだしました。そしてそんな女性たちを目当てにしている男の数も比例して増えていきました。しばらくすると、あれ?このおじさんさっきもすれ違ったな?ということが増えてたりします。まあこちらもそう思ったということは、向こうもそう思っている可能性もあるということなのですが。

このサウスパタヤのビーチロードですが、およそ2㎞ほどの距離なんですが、皆が皆何往復もしています。男とは、エロいことのためには、国籍を超えて努力も労力も惜しまない生き物なのだなと、ふと感心してしまいました。

ちなみにこのビーチロードでたたずむ女性たちは訳ありの女性が多いといわれています。ウォーキングストリートやバービアなどで働けない、IDがない、そもそもタイ人じゃない、などなどの理由の娘になります。ゆえに誰も管理などしていません。そのためトラブルなども多いのですが、まあその辺は自己責任です。

しかしこのビーチロードの光景は圧巻の一言でした。およそ2㎞ほどの距離に、あくまで主観の概算ですが、200人くらいは立っているのではないでしょうか?いやもっとかも。しかもその雰囲気は剣呑とした悪いものではなく、どちらかというとあっけらかんとしたのほほんとしたものでした。

というか西洋人旅行者なぞは家族連れでベビーカーに赤ちゃん乗せて子供連れて歩いていたりします。全然関係ないですが、彼らのあの子育て方法を日本のアホな幼児教育の専門家に見せてあげたいです。おそらく発狂して卒倒するのではないでしょうか?どの口がヨーロッパを見習えと言っているのでしょうか。本当テレビに出ている文化人はアホばっかりです。

まああんなところを子供連れて歩く西洋人も西洋人なのですが・・・実際子供に、ねえパパあの女の人は何であそこに立ってるの?って聞かれたら彼らはなんと答えるのでしょうか?まあそこを歩いている私がそんなこと言う資格なんてないことはわかっているのですが。そんな感じで言葉は悪いですが、もの珍しさもありビーチロードを往復(約4㎞)してしまいました。