海外移住日記97 最終手段でマッサージを受ける

Pocket

閉店作業が始まるソイ6を出ることになり、再び時間を持て余すことになった私。そういえば少しお腹が空いていることに気づきました。よくよく考えてみれば、移動途中に軽くケバブ(60B)を食べただけで、それ以外何も腹に入れていない。ということで何かご飯でも食べることにするかとソイ6を出て、再びソンテウでウォーキングストリート方面へ南下することにしました。

車中では、何を食べようか?どうせならシラチャであまり食べれないものがいいな、なんて考えていました。でも時刻は2時少し前。食べられるものなんて限られています。そう考えているとソンテウが着いたのがワットチャイモンコンマーケット付近でした。そうだ!カノムジーン食べよう!(そうだ京都行こう風)

カノムジーンは、簡単に言えば、タイ風辛そうめん、みたいなものになります。バンコクであれば珍しくも何でもないのですが、シラチャではあまり食べさせる店がありません。カノムジーンなら酒飲んだ後に丁度いいわ、としばらく探すとやはりマーケットだけにありました。早速テーブルに座り注文をしました。出てきたカノムジーンをゆっくりじっくりと時間をかけて味わいましたがそれでも時刻はまだ2時半過ぎ・・・あと2時間半もどうするか?

とりあえず座って考えたいなーと思って近くのセブンイレブンの段差に座ってみると、目の前に飛び込んできたのが、道路の反対側に見えるタイマッサージの文字。タイマッサージか・・・そういえば私は元マッサージ師記事参照なのにマッサージから遠ざかってるなー・・・

ん?タイマッサージ?まだ営業してるの?もう3時前だぞ。そこで良いこと思いつきました。マッサージ受ければいいじゃない。足裏マッサージ1時間160Bか・・・これで4時まで時間が潰せます。そして4時に店を出てロットゥが出る地点まで移動して10分ほど。

その近くに24時間営業しているバーガーキングがあったのを覚えていたので、そこで始発が来るのを待てばいいのではないか、と。さらにさすがに10時間ほど動き続けていたので足も限界でした。ここで足裏マッサージ、丁度いい。そう思い入店して閉店時間を確認すると4時とのこと。グッドタイミングだ。天啓だと思いました。

結果・・・大正解でした。疲れていたからか、弱目でお願いと頼んでいたマッサージが心地よかったからか、1時間爆睡でした。そして時短もなく終了して熱いお茶が出てきてトイレに行って退店するとちょうど朝4時でした。

そのまま店の斜め前に止まっているソンテウに乗り込みスクンピッドのシラチャ行きロットゥ乗り場へ向かいました。その隣にあるバーガーキングで時間を潰すこと30分。5時前にシラチャ行きのロットゥがやってきました。・・・しかし、よくよく考えると足裏マッサージ代160Bとバーガーキング代99B、合わせて259B。ホテルのドミトリーに泊まるのと大して代わりはありませんでした。しかし、まあ全体的に満足な結果でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする