海外移住日記101話 タイのサービスアパートはダメ人間製造機

Pocket

サービスアパートの困った住人達。

日本からタイに移り住み、タイのアパートに住み始めるとその設備の違いやサービスの違いに驚かされると思います。もちろん中には日本の常識を持ったまま生活し続けれる人もいるにはいます。しかし、ほとんどの人はその変化に流され、日本的な常識を忘れてしまう人がたくさんいました。

私がかつて働いていたサービスアパートの住人にもそのような人が大勢いました。タイでの生活や価値観。毎日に慣れてしまって果たして日本に帰った後まともに生活していけるのだろうか?他人事ながら心配になってしまいます。

ちなみにタイに赴任してくる人たちに人気な不動産にサービス付きのアパート、いわゆるサービスアパートメントと呼ばれるものがあります。もちろん家賃やクラスによってサービス内容は上下しますが、いわゆるメイドサービスやエンジニアサービス、通訳やコンシェルジュ(日本人)付きのものになります。

しかし、いくらサービスの中に入っているとはいえ、そのような生活に(庶民が)長く浸って良いことなんて、楽だということを除いて、おそらく一つもないと思います。いくらサービスに含まれているからと言って自分でコップ一つ洗わなくなるというのはいかがなものでしょう。

タイでの生活が長い人となると皆が皆まるで小姑のようになっています。毎日のように私たちのもとに、やれ隅々まで掃いていないだの、洗い残しがあるだの、クレームを言ってきます。それ以外にも、電球交換、トイレットティッシュ交換、飲料水の運び込み、荷物の運搬、風呂場のちょっとした黒ずみの掃除、果ては部屋に虫がいるから何とかして、電気、エアコンがついていない(すぐ近くにスイッチやリモコンあり)などなど・・・。

育ての親が聞いたら激怒しそうなことを平気で言ってきます。やはり環境が変わると人間というのはこうも変わってしまうのかと思い知らされます。当時の我々サービスアパート側がそのようなサービスを実施・提供しているとはいえ、彼らはまるですべてやってもらって当たり前、王侯貴族のようなふるまいをしています。

私が一番衝撃的だったのは、幼い子供がちょっとそこまで(数百メートル)歩くのを嫌がっているのを見た時でした。なんで歩かないといけないの?車は?そう言っているのを見て愕然としました。短期間の旅行の一流ホテルであれば、ほんのつかの間の非日常感が味わえてよいと思います。

または本物のセレブや王族などなら分かります。ずっとそんな生活をしていた、そしてこれからも続いていくような人たちなら。しかし、私が今まで見てきたのはそんな特別な人ではありません。いわゆる富裕層というわけではありません。ごくごく普通の人たちで、たまたまタイに赴任してきただけ。物価が安いタイに赴任してきて会社から家賃補助が出ているから住めているだけです。

このようにすべてしてもらって当たり前の生活を数年単位で送っていた人たちが、そんな生活に慣れてしまった人が、再び日本に帰り、なんのサービスもない、これからは当然自分ですべてしなくてはいけない生活に果たして戻ることができるのだろうか?そのギャップに苦しむのではないのか?またそんな幼少期の生活を過ごした子供はまっすぐ育つのか?

かなり大げさに言うとよく言われる戦争帰りの兵士が平和な日常になれることができず心を病んでしまう、そんなテレビのドキュメンタリーを見たことを思い出してしまいました。そんな彼らがいつか日本に戻った時に昔の生活、自分で自分のことをする、そんな当たり前の生活に戻れるのか他人事ながら心配になりました。