風雲急を告げる北朝鮮情勢。日本は極力関わらないのが一番。

Pocket

朝鮮半島情勢が風雲急を告げています。まあ、ずっとあの世界をだまし続けてきた崖っぷち国家、北朝鮮が突然ハンドルをぐるっと方向転換するはずもないと思いますが・・・まあとはいえ国際政治は複雑怪奇。何が起こるか分かりません。

しかし、まさか金王朝が体制を奉還するとは思えません。あり得るとすれば北主導での統一ですが、それがどういうことか韓国国民は分かっているのでしょうか?6000万人総奴隷となることを自ら選ぶのでしょうか。今の大統領だと、まさかそんなこと、と笑って言えないこともありません。

しかし、個人的には北朝鮮と韓国にはこのまま仲良く喧嘩していて欲しい。本当に拉致被害者には申し訳なく思いますが、統一などせずにこれからも日本にとっての必要悪としてこのままいてくれたほうが良い気がします。北朝鮮という必要悪がいるからこそ、日本はこれからも主敵ともいえる中国に備える軍備を増強することもできます。

また今のおかしい状態の日本から普通の国へと回帰することができます。そう北朝鮮という分かりやすい強面チンピラのおかげで家の鍵をしっかりとかけて、さらに自衛するところまでもっていけるのも確かです。日本にとっての本当の脅威はチンピラ(北朝鮮)どころかヤクザ(中国、ロシア)、さらにはインテリヤクザ(アメリカ)なのですから。

まあ、それとは別に日本には近所のキチ○イ(韓国)っていうのもいますが・・・しかし北朝鮮がいなくなれば、脳内お花畑の自称文化人・知識人みたいな人が跳梁跋扈して日本の防衛を骨抜きにするに違いありません。

また仮に南北統一となった場合、日本がとんでもない額の血税を支払うことになりそうだというのも心配の一つになります。またぞろ、すべてのマスコミが、それを是が非でも推進するために美辞麗句を駆使して世論を誘導しそうでなりません。

またそれに乗じて、国益を完全に無視して、いくばくかの謝礼やハニトラなど、自己の利益のみを追求した文化人や芸能人が朝鮮賛辞をしそうなのも気がかりです。またいつフジテレビの韓流ごり押しの二の矢三の矢があるとも限りません。そんな光景を想像するだけで気持ちが悪く、はきそうになります。

何より腹が立つのは、彼らが日本からの援助はごく当然のものとして何ら感謝をしないことです。そんなことは目に見えています。それは歴史が証明していますし、逆に日本に敵意を向けてくる可能性すらあります。

結局、南北朝鮮が統一したとて日本の脅威が減るわけではありません。どちらにしても南北どちらも反日国。日本を射程にしたミサイルや核兵器が北にあるか、統一朝鮮にあるか、それだけの違いです。それならば、むしろ北朝鮮よりも韓国の方がやっかいだといえなくもありません。

韓国とは、民主主義国、法治国家、という建前でありながら、法律よりも国民の情緒が優先されるクレイジーな国。愚かな国民のろうそくの方が優先される国なんてろくなものではありません。それならばまだエリートに独裁された北朝鮮の方がまだマシなのかもしれません。少なくとも北朝鮮はろうそくの情緒によって日本にミサイルや核兵器をぶっ放すようなことはまだしなさそうです。

基本的に隣り合う国同士仲が悪いのは世界中どこでも同じ。しかし、一方的に譲歩するなんて世界中探しても日本くらいです。そんな関係不健全です。隣り合う国が必ずしも仲良くしなければいけないなんてことはありません。遠交近攻は外交戦略の基本中の基本。日本が甘やかして譲歩し続けるくらいなら、トーンと突き放して、東南アジアやインドなどと交流を深化させて行ったほうがどれだけ有意義か。

別に敵対的な姿勢をしろとは私も思いません。しかし、別に隣の国だからと完全に胸襟を開いて、完全に信用して、付き合う必要などないと思います。外で会ったら軽く挨拶するくらい。でも家には入れない、一緒に外出しない、そんなご近所付き合いくらいの感覚で付き合えばよいのではないかと思います。

日本とは、鏡の国。台湾やタイなどの国のように日本に対して友好的な顔を見せてくれるのならば、こちらも同様に、いや友好以上に親愛の情を示せばよいです。ただ相手が敵対的な姿勢を見せるのならば、こちらも同様に、ただ相手と同じ土俵に上がれば、私たちも韓国面暗黒面に落ちることになります。

我々日本人は大人。彼らのように感情をあらわにすることなく、ヒステリックになることなく、華麗に、スルー技術を駆使して、無視して、表は笑顔で、裏では真顔で接していればよいのだと思います。そしてできれば向こうもこちらに突っかかってこないで欲しいのですが・・・

・・・でもきっとそんなわけにはいかないでしょうね。彼らはもはやストーカーのように日本にまとわりついてきます。ちょっとだけストーカー被害にあっている人の心情が分かる気がします。本当やっかいな隣人です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする