フィリピン・アンヘレス旅行記28

Pocket

ちなみにそんなアンヘレスで私が選ぶ、ウォーキングストリートで一番おすすめ(あくまで2018年2月時点)のゴーゴーバーはDRAGON DENでした。まあ、あくまで個人的な感想と好みの問題もあるかと思いますが、この店は開店から客がぎっしり入る人気店でもあるようでした。

何より客と嬢の距離が近い。かつ途中途中で、パフォーマンスとして嬢が客席側の廊下を練り歩く、みたいなこともしてくれるので嬢をしっかりと観察することもできます。また嬢の数も多く、気に入った子が必ず見つかるお店です。

またママさん、チーママもいい感じ(個人的には)に女の子のあっせん?営業をかけてきてくれます。西洋人や韓国人のようにまるで物を選ぶように女の子を指さして、強引に隣に座らせセクハラ三昧できる獣には関係ありませんが、それができない奥ゆかしい?恥ずかしがりの日本人にはありがたい存在となります。

次はCLUB XS。個人的にここの女の子が一番レベルが高い気がしました。しかし、店の作りがダメ。まあ開店と同時に入店して前の方の席を確保してしまえばいいんですが・・・そこまでがっつきたくない。いや、アンヘレスみたいな欲望の町で躊躇しているほうがバカなのかもしれません。

とにかく前の方の席を確保できないと、必然的に後ろの席になり、舞台で踊る嬢が見えません。いや見えることは見えるのですが、はっきりとは見えず、かといって、ええいままよ、と適当に呼ぶのも嫌だったので結局女の子を呼ぶことはかないませんでした。

その他、外観と規模から高級店に見えるところに片っ端から行ってみましたが、どこも嬢の数も多く、また平均レベルが高いように感じました。アンヘレスに詳しい諸氏から言わせれば、当たり前だろう何を言っているんだ?と言われそうですが・・・

そんなわけで3日目の夜は、フィリピンローカル嬢との待ち合わせからの逃亡。そして優良店の発見からの探索。なかなか濃ゆい時間(個人的に)となりました。ただ一つ問題があり、あくまで優良店の発見、探索に時間を取られすぎて、目ぼしい子は既にほかの客に取られていたということ。かと言ってほかの女の子で妥協したくない。

いや、そんな残っている女の子でも今まで行っていた店の女の子よりも可愛い子がいたのですが、それでもどうせならもっとタイプの女の子を呼び寄せたい。欲望に底はありませんね。明日もこの店に来よう、そう決めました。下手に妥協して女の子を選んで、次の日この店に来づらくなったら元も子もない。というわけで明日に勝負をかけてこの日は泣く泣く部屋に戻ることにしました。