フィリピン・アンヘレス旅行記29

Pocket

フィリピン4日目。実質的な最終日になります。正確に言えば、帰国は明日5日目の夜23.30分のバスでマニラの空港へ向かう予定となります。そのため5日目も自由時間はあるのですが、何といっても最終日。かつ初めての国、フィリピンということもあり、あまり時間ギリギリまで遊んでいるわけにも行きません。

というわけで気兼ねなく遊べるのは今日がラストとなります。ダラダラと昼前に起きて、もはや日課となりつつある出会い系アプリのチェック、そしてランチの人込みを避けて13時過ぎ頃に朝食兼昼飯を食べに出かけました。行先はいつもの中華系ファーストフードChowking(超群)。もうここに連日来ています。

別に特段美味しいというわけではありません。不味くもありませんが。しかし泊まっていたホテルからの立地や気軽さ、あと別のところを探すのが面倒くさいというのもあって、結果毎日のようにここに通ってしまっていました。初めての国に旅行しに来たとは思えないダラケぶりです。完全に意欲や興味を夜遊びだけに全フリしている旅行です。そのため今夜は失敗できません。

とりあえず腹に食物を入れ、部屋に戻り、いつものようにやることがなく困ります。悩むことなく連日の恒例となったマッサージを呼ぶことにしました。ここまでフィリピン感、海外旅行感ゼロな時間の過ごし方も珍しいかと思います。まあ私本人がそれで満足しているので良いのです。

いつものようにさんざん焦らされ、そしてリリース。マッサージ嬢を送り出した後はいつもの如く、しばし放心状態で賢者タイム。今なら確定申告だってできる気がする。そう思いながら部屋でぼーっとしていました。夕ご飯食べるの面倒くさいなー・・・。

ていうか外に出るのが面倒くさい。さすが賢者タイムの力は協力です。しかし、このまま腹に何も入れずに酒を飲むのは危険です。だったらゴーゴーバーで酒じゃなくてジュースか水飲んでろって話なんですが、シラフでいくほど野暮じゃありません。

無理やりにでも腹に何か入れとくか。そう思いジョリビーに行くことにしました。既述のようにジョリビーはフィリピンの国民食でもあるハンバーガーショップ。ここで無難にチーズバーガーセットを注文し、ほぼ機械的に腹に入れました。そして実質気軽に気兼ねなく夜遊びできる最終日。早速準備してウォーキングストリートへ向かいました。