海外移住日記第106話 シラチャで本気で引っ越しを考える

Pocket

シラチャで本気で引っ越しを考える。

実は私は結構昔からシラチャプレイスからの引っ越しを考えていました。それはもうずっとずっと昔から。そして何度も何度も。しかし、その都度立ち消えになり、うやむやになり、気づけば通算2年以上シラチャプレイスに住んでいることになります。

そうなった理由の一つとして、シラチャプレイス記事参照の立地がシラチャ最強だということがります。記事参照。おそらくシラチャでシラチャプレイスよりも立地の良い物件(コストパフォーマンスを鑑みて)はほとんどないのではないでしょうか?

そう。コストパフォーマンス(家賃を立地、間取り、設備などと比較)を照らし合わせた場合、どの物件と比較しても、どうしてもシラチャプレイスに軍配が上がってしまいました。それを突き付けられるたびに、引っ越す意味がるのか?と自問自答してしまいます。

そしてそこに面倒くささが加わります。そう。何より引っ越しをするのは面倒くさい。これは私が単にダメ人間ということもありますが、それ以上にタイで引っ越しをするのは面倒くさい。そして何よりも一番肝心要の新居を探すのが面倒くさい。

え?それが引っ越しの一番の醍醐味。楽しいところではないか。という声が聞こえてきそうですが、これはシラチャに限らず、タイ全土に言えることなのかもしれません。この年がら年中暑いタイランド。その炎天下の中、新しい物件を探して回り、そして一から交渉をしなくてはいけません。

その大変さが分かりにくければ、日本の8、9月の猛暑の中、汗だくになりながら、不動産屋の紹介なく、これはと思うアパート等々に飛び込んで、部屋の空き状況を聞き、家賃を訪ね、水道光熱費のユニット数を聞き、設備を聞き、家賃以外の経費を聞き・・・などなどそれ以上にも聞くことは山ほどありますが、それらをいちいちしなくてはなりません。

・・・もう面倒くさい。そう思ってしまっても仕方ありません。きっと私だけじゃないはず。そんなわけでずっと引っ越しをしたい気持ちが沸き上がっても、毎度上記のような理由で意欲が失せ、そのたびに立ち消えになって、まあいいか、と投げていました。しかし、今回は本当。本当に引っ越しを決意しました。こうして私のシラチャでの新居探しがスタートしました。