フィリピン・アンヘレス旅行記30

Pocket

フィリピン4日目の夜。結論から言うとこの日は万全の状態でゴーゴーバーに行くことができませんでした。というのも同じくフィリピンでマッサージの件で大変お世話になった出会い系アプリWECHATによる出会いが原因でした。そう性懲りもなく出会い系で出会った女性と待ち合わせの約束をしてしまったのでした。

しかも今回は外での待ち合わせではなく直接私の部屋でした。・・・写真を見る限り可愛い・・・はず。今回はきちんと横顔の写真もチェックしました。ということで彼女を部屋に呼ぶ段取りとなりました。そしてこの選択が後に大後悔することとなります・・・

話は少しさかのぼり4日目の午前中。というかフィリピン旅行中がっつりお酒を飲んでいる時以外、私はずっとこのWECHATというアプリをいじくっていました。そして片っ端からメッセージを送っていました。そしてこの4日目に再び一人の女の子がヒットしたのでした。それが上記の女性。

何やら私にマッサージをしてくれるとのこと。何てホスピタリティのある娘。そういえば連日の遊びで体が疲れているしなー、なんてことはどうでもよく、部屋にてスペシャルなマッサージ2時間で3000ペソとのこと。正直外で飲んでも同じような値段なのですが、件の女性(あくまで写真)がタイプであるということ、さらにはゴーゴーではなく、違うタイプの遊びにドキドキしたということもあり、彼女を呼ぶことにしました。

約束の時間は夜の21時。ええ。時間通りにはきませんでした。もう来ないのかなと思った頃、たっぷり1時間ちょい遅れて彼女が部屋にやってきました。全然関係ないですが、やはりあの待っている時間が一番ドキドキして興奮します。もはやこの時間を味わいたいがために女性を呼ぶと言っても過言ではありません。そして肝心の女性は・・・え?誰ですか?という人が部屋の前に立っていました。

そして私が一瞬立ち尽くした刹那、気づくと彼女はするっと部屋の中に入っていました。前日同様全くの別人というわけではありません。また今回はしゃくってるわけでもありません。確かに写真の娘だろう・・・しかし、違う。別人だ。写真の6かけ・・・まあいいか。呼んで、というか部屋に入ってしまったものは仕方がない。ということでとりあえずシャワーを浴びることにしました。