海外移住日記第112話 法律改正でタイの電気代は上乗せ徴収禁止になる

Pocket

決定打のない物件その3

物件B。この物件は立地も申し分なし。家賃も4000BAHTと安いアパートでした。ちなみに部屋の広さはシラチャプレイスと同じか少し狭くなるくらいでしたが、特に問題ありません。そしてエレベーターあり。部屋にはくたびれたベッドがありましたが、新品のものに変えてくれるとのことでした。

何よりこの物件が良かったのが目の前に6階屋上があり、そのスペースを使えるということでした。ちなみに6階には3部屋あります。確かにこの物件は悩みました。しかし逆に言うとまさにテーマ通り決定打がありませんでした。そそるものがありませんでした。ちなみに家賃は4000BAHTと安いながら、別途インターネット300BAHTが必要とのことでした。さらに冷蔵庫がないためそちらも初期投資で購入が必須となります。

またタイの電気代は高いです(あくまで2018年初旬時点)日本と同等くらい必要となります。物価や収入を考えるとかなりの負担となります。そんなタイの電気代は借りる・住んでいる物件によって結構金額が変わってきます。そんな電気代の費用は下記のような比較となります。

戸建て、タウンハウス等<コンドミニアム<アパート、サービスアパート、ホテル

そのため通常のアパートは戸建ての3倍、コンドミニアムの2倍ほどの電気代がかかることになります。

ちなみに私の住んでいたシラチャプレイスはコンドミニアムのため比較的電気代が安く抑えられていました。電気代のユニットはおそらく3~4BAHTほどでした。しかし、これがアパートになるとおよそ倍の7~10の間ほどとなります。このアパートもユニット7BAHTとおよそ倍になります。

※しかし、2018年にタイの法律が変わり、このアパートやコンドミニアムなどの所有者が本来の電気代に自らの取り分を上乗せして請求することが禁止となりました。そのため”法律的には”上記のように物件によって電気代の単価が変わるということはなくなりました。

ちなみにタイの法律では、アパート(アパート、サービスアパート、コンドミニアム等)、と、ホテル、は別の区分になるらしく、ホテルの方は上記法律の対象外となるようでした。なぜそんなことを知っているのかというと当時私の働いていたサービスアパートが、サービスアパートと名乗っている割には、ホテル、で登記上登録してあったからです。そのせいで後々お客さんから猛クレームを受けることになりますが、それはまた別のお話。

一度部屋に持ち帰り、初期投資に必要な家具や電化製品、そして倍になる電気代、それらすべてをざっくり計算してみると正直今の部屋と全く変わらない金額となることが分かりました・・・これ引っ越す意味ある?そう思い断念しました。


ゼロからスタート! タイ移住サバーイマニュアル