海外移住日記第114話 サービスアパートという選択肢

Pocket

このように決定打のない物件が続く中、ホームランとまではいかないまでも2塁打くらいのヒットを打った物件がありました。それが格安サービスアパートメントのYでした。

ちなみにサービスアパートメントとは、通常のアパートやコンドミニアムとは違い、一般的に、家具家電がより充実して備え付けられ、かつメイドサービスが付随した、限りなくホテルに近いサービスが提供されるアパートになります。そのため手荷物一つだけ持ってその他何も用意せずにすぐに生活が始めらるという利点があります。

ちなみに私が当時働いていたのもこのサービスアパート(規模や価格帯は大分違いましたが)になります。その分勝手を知っています。サービスアパートとは何ぞやということを・・・自ら管理していたわけですから。それこそ良いところも悪いところも・・・しかし、悪いところが分かっている分、想定されうるミスも事前に分かります。

また上記のようにサービスアパートは基本メイド付き。ということは、掃除をしなくていい、ということ。これは確かにかなりのアドバンテージになります。仕事でサービスアパートで働いてはいましたが、私には関係ない、しょせん他所のことのように感じていたため、あまり意識しませんでしたが、確かに掃除を誰かがしてくれるのは楽ちんです。

そういえば私はシラチャプレイスに2年住んでいましたが、掃き掃除とコロコロ、水回りの拭き掃除をするくらいで、それ以外のまともな掃除なんてしたことがありませんでした。私がただずぼらで不潔なだけなのか?いや大概の男子はこんなものだと信じたいのですが、まあそんな環境から毎日掃除をされている物件に引っ越すということは、当初の、QOL(生活の質)を上げる、という大目標にばっちり当てはまっています。

そうか。サービスアパートという手があったか。しかし当時私自身ホテル兼サービスアパートで勤めていたということもあり、サービスアパートの価格帯はざっくりとですが理解していました。サービスアパートとは、タイの住居の中ではホテルに次いで家賃の高いジャンルの物件になるということを知っていました。

そんなサービスアパートに薄給の私が泊まれるはずがない。そう思い、調べもしていませんでしたが、ひょんなことから調べてみると、あれ?思ったよりもずっと安い?そんなサービスアパートを発見しました。それが上記のYでした。