タイで部屋を借りるならどこがいい?

Pocket

タイで部屋を借りよう

タイに住むことになった。さあ、となったらどこに住めばいいのか?住居を決めるのは嬉しく楽しい時間ではありますが悩ましいのも事実。今回は、タイで生活するのにまず決めなければいいけない住居に関すること。アパートか、コンドミニアムか、それともサービスアパートか。それぞれメリット、デメリットと共にお話ししていきます。

アパート

日本でいう一般的な賃貸アパート・マンション。

メリット

1建物1オーナーのため提供されるサービスが一律で分かり易い。家具家電は最低限のもの(ベッド、テーブルなど)なことが多い。住み始めて心配なのはアパート設備や部屋の設備などの不具合ですが、基本的に常駐しているスタッフが対応してくれます。

またアパートには長年勤務しているスタッフがいることが多いので、トラブルの対応がスムーズなことが多い。と言うかいつも同じトラブルが発生しているので、ああまたか、くらいに思っているだけなのかもしれません。日本人からすると、だったらそのトラブルの根元を断てよ、とも思うのですがそれはまあタイでは気にしたら負けです。

デメリット

オーナーが家具家電を一括購入していることが多いので、家具家電の融通が利かない。選べない。また他の部屋の住人との兼ね合いもある為、値段交渉などほぼ不可能。全部屋が均一化、統一化されているので一般受けするような、無難な内装であることが多く、オシャレで奇抜な内装は少ない。建物内のファシリティはあまり充実していない。オーナーが電気代・水道代に手数料を上乗せするので、基本料金が高めに設定されている。

などになります。

コンドミニアム

日本でいう分譲マンション。分譲賃貸。

メリット

大資本が絡んでいるため駅近物件が多く、新築、築浅物件が多い。オーナーにもよるが、家具家電が完備されていることが多い。コンドミニアム内のファシリティがアパートなどに比べると充実している。フィットネスジムスイミングプールはデフォルトで併設されており、それ以外にも大浴場パーティー会場ゴルフ練習場会議室、中にはボーリング場なんてものを併設しているコンドミニアムまである。

また電気代の支払いは電力会社からの直接請求になるため、アパートに比べると基本料金は安めに設定されている。

デメリット

1部屋1オーナーのため法人契約はほぼ無理。建物内に管理スタッフが常駐しているが基本的には建物の保守管理をするだけにすぎず室内のトラブルに対応してくれるかは人次第。トラブルには基本的にはオーナーが対応することになるので、コミュニケーションが必要。またオーナー自体が建物とは違うところに住んでいることがあるので即日対応などは期待できない。同じコンドミニアムでも部屋によって、内装、設備、家賃に大きな差がある。オーナーによっては入居時や退去時などにトラブルになることがある。

などオーナーとの人間関係が主なものとなります。

サービスアパートメント

賃貸アパート・マンションに付加価値をつけたもの。ホテルのようなもの。

メリット

アパートと同じく1建物1オーナーのため法人契約が可能。家具家電が完備され充実している。シーツの交換、掃除、クリーニングなど、メイドサービスも家賃に含まれているため便利。建物や室内の不具合、ちょっとしたトラブルも相談できる。タイ人や外国人が何とも思わないような、気にしいな繊細な日本人しか思わないような、ちょっとしたこと例えば、虫が出たとか、エアコンの音がうるさい、とかそういったことも対応してくれる。

デメリット

上記のメイドサービスやトラブル対応代金が含まれているため割高。メイドサービスがある反面、室内の貴重品の管理を気にしなければいけない。アパートやコンドミニアムの同程度の金額と比べると、室内や建物、また設備が見劣りすることがある。電気代や水道代は手数料が上乗せされているため割高。

などなどメリット・デメリットは三者三様あります。まさにあっちを立てればこっちが立たず。帯に短し襷に長しですが、やはりまずは予算から決めるのが一番大事なことだと思います。予算の設定ができたらば立地と設備、求めるサービスや条件などから、自分に合う物件を探していくことが良いと思います。

しかしやはり一番重要視しなければいけないのはそこで働いている、スタッフや警備員、メイドなどの印象だと思います。個人的にはいつも笑顔でにこにこして対応してくれるところが一番だと思います。

またオーナーとの相性と言うのも絶対的に出てきます。ちなみに私は、リフォームしてもっと高い家賃取りたいから出て行ってくれ、と突然言われたことがあります。借主の権利が強く設定されている旧借地借家法がある日本とは違い、タイでは不動産に関する法律がほぼないので注意が必要です。