世界に誇れる日本~日本のトイレ

Pocket

日本の常識は世界の非常識

450px-ncm_0396

日本人にとっては当たり前のことが海外では当たり前ではなかったりします。いやそれどころかクレイジー、大革新、斜め上なんて評価を受けたりする。その代表格が 日本のトイレ だと思います。日本のトイレの機能は凄い。今や日本のトイレは世界で大絶賛され大注目されています。

そんな日本のトイレは、独自の進化を遂げ、若干の迷走はあるものの、その完成された姿は、世界の今までのトイレの概念を大きく変えようとしています。日本だけが世界のトイレを大きく引き離し進みに進んでしまっている。

そんな日本のトイレの快適さを肌で感じるのは、何といっても外国に旅行に行った時。特に寒い国の冷たいトイレの便座に座る時、しみじみと日本の暖かい便座のトイレが恋しくなります。暖かい便座、これだけでも他の国のトイレに比べて十分素晴らしいのですが、特筆すべきは、お尻をお湯で洗う、というシャワートイレの素晴らしさと気持ちよさです。なぜ今まで誰も考えつかなかったのだ、というコロンブスの卵のような発想。

このままずっと洗っていたくなる、そして新しい世界が開きそうになるあの感覚。ここタイでも手動シャワートイレがありお尻を水で洗い流す習慣がありますが、快適さはやはり日本の自動のシャワートイレには遠く及びません。

マドンナウィルスミスレオナルドディカプリオなど、世界中のセレブを虜にしたという、この日本のシャワートイレ。トイレにまでここまでの快適さを求め、追求しようとせんがために、現代技術の粋までつぎこんだ日本人の異じly、いや心配りには、同じ日本人の私でも感動すら覚えます。

日本には八百万の神様がいる。だから当然トイレにも神様がいます。それが、がんばり入道、こと、厠神 様。何でもこの神様にトイレを見られると便秘になるらしい。まあそんなしょうもないことはともかく、トイレにも神様がいると考える日本だからこそ、ここまでトイレを清潔に快適にしようとしたのかも?しれません。

ちなみに外国人の友人は前に立っただけで自動で開く便器のフタを見て「・・・クレイジーだ。やっぱり日本は最高だ」と言っていました。個人的にはトイレのフタが自動的に開くのは、あきらかにやりすぎだと思いますが、これが王様や貴族の遊びのようだと捉えるか、それとも、クレイジー・気持ち悪いと捉えるか、は各々の判断に任せるしかないと思います。

いつかそう遠くない未来には、昔の人はお尻を紙で拭いていたらしいぞ。なんて不潔なんだ!日本のトイレ革新によって、そう言われることになるのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする