海外移住日記 第9話

Pocket

退職を決意させたトリガー

海外移住日記第9話 ブラック企業編

今ではほぼ毎日のように企業による不祥事がテレビや新聞で報道されています。企業ぐるみの犯罪行為とまではいなくても、会社員によるSNSなどによる情報漏洩や各種不祥事など。従業員が数百~数千人いるような企業であれば分かります。もちろんあってはいけないことですが、しかし分母が大きければ、れだけおかしい人間がいるのも仕方がないかなと思います。

しかし私が務めていた会社では 2人 が警察のお世話になりました。全社員7人の零細企業でです。2/7の確率。しかしその二人に特に問題があるわけではありませんでした。その逆で二人の同僚は社内で特に真面目でした。しかしその真面目さが仇となり社長の命令を忠実に守ってしまい、警察のお世話になるような行為を働いてしまいました。

しかし私には、いつかはこういうことが起きるだろうな、という漠然とした予感が正直ありました。そして、ついに起こったか、と。当時私には、社長に言われてやっていることはおかしいのではないか、と疑問を感じることができていました。日に日にその理性は薄れていってはいましたが。しかし警察のごやっかいになった二人は完全に麻痺していました。

136307265982613217375_20130312-ee

彼らは社長が飲みながら自慢気に語る過去の仕事の話、早朝や深夜に客宅におしかけてサインもらうまで帰らへんかったわ、みたいな完全にアウトな経験談を、すごいですねー、と褒めていました。強い言葉を使うのであれば、洗脳されているような状態でした。

社員の中でもよく言えば、一番冷静というか冷めている、悪く言えば、人のことをそもそも信用していない仕事なんかに自分の人生かけるなんてまっぴらだ、と思っていた私でも麻痺しかけていたくらいでしたから。

警察のお世話になった二人は真面目でした。社長からの指示を盲目的に実行するタイプでした。例えそれが一般常識からすると倫理的におかしいことでも。忠実な兵士のように無謀に突撃していました。

finger pointing at letter on office desk

彼らがやってしまったことは 住居不法侵入 でした。一人はオートロックのマンションの内部を確認するために居住者が出てきたタイミングで入れ替わりに侵入し、マンション内を調査している時に管理人に見つかりました。その時に上手くごまかして逃げてくれば良かった(良くないですが)のですが、テンパり思わず逃げ出そうとしたところ、管理人と揉めてしまい警察を呼ばれてしまいました。

もう一人は、一軒家の空き家調査をしている最中、確実に空き家かどうか確認しようとしたため敷地内に入りメーターのチェックや裏庭の確認をしていました。そして窓から中を覗いているところを居住者に見つかり、警察を呼ばれたそうです。結局弁護士に介入してもらい示談で済んだのですが事件後この二人は会社に迷惑をかけた、と言われ解雇されました。いや正確には自主退職させられました。

この事件をきっかけに私は、この会社ではやっていけない、と思いました。次は私の番かも、自分が壊される、自分の人生が台無しにされる。それ以上に、この社長にはついていけない、と思い自分から退職する決心をしました。

実際退職後も、ハローワークに持っていく退職書類一式を1か月くらい送ってこない、など嫌がらせもされましたが、じゃあ労基所へ言います、と言うとすぐに送ってきました。

今回の経験で給料などの条件はもちろん大事なのですが、やはり一番大事なことは職場環境、特に 人 なのだなと感じました。パワハラやモラハラなどで心を削りながら無理して働く必要はありません。きっと自分に合うもっとより良いホワイトな職場は探せばあるのだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする