海外移住日記第128話 退去の意思を伝えに行く

Pocket

確かにコンドミニアムからタウンハウスへ引っ越すと色々と面倒なことが増えるかもしれません。でもそれ以上に楽しそうだ、という気持ちのほうが強くありました。世の中、便利さよりも不便さの中に、より楽しさを見つけることができるかもしれない。こういう気持ちになったのは、おじさんになったからか、それともただ単に暇を持て余していたのか、とにかく火中の栗を拾うつもりで、タウンハウスへの引っ越しを決めました。

さて、となれば、まずしなくてはいけないことがありました。それはコンドミニアムの部屋のオーナーへ退去の申し出をすることでした。通常タイでアパートを退去する場合は、1か月前に退去する旨を通告する必要があります。ちなみにちょうどタウンハウスへの引っ越しを決めたのは月末でした。そのため翌月末までで契約を満了し、翌々月頭にチェックアウトする旨を伝えに行くことにしました。

しかし、心配だったのは、現在のオフィススタッフが私がシラチャプレイスに入居した時のスタッフと総入れ替えしていることでした。私が入居した当時のオフィススタッフは仕事のできえるスタッフがいたのですが、既述のように今のオフィススタッフはポンコツが揃っていました。かつ英語もほとんど解しないスタッフがアホみたいな顔して仕事をしています。

心配性の私は、揉めるかな・・・面倒だな。そう思うと憂鬱になり、足が遠のきそうになりました。しかし、このタイミングを逃すと引っ越しがさらに伸びます。さらに支払い関係の計算も面倒くさくなります。そう思い、自分を奮い立たせ、何とか重い腰を上げてオフィスへと向かいました。

結果、私の心配は杞憂で終わり、何とか揉めずに退去できそうでした。まあ、私の性格上、常に最悪を意識してから行動しているので、その想像していた最悪な状況よりかはマシだったというレベルなのですが・・・というのも、まず、とにかくこちらの意図が伝わりませんでした。

何故、客が引っ越しする、退去する、ということを想像もつかないのか?そんなことこの仕事をしていれば、常にあることだろう?そのため、私が退去する、ということを相手に理解させるのにかなり時間がかかりました。まあ、それでも根気よく話して何とか退去の意思は伝わりました。あとは最後の難関。お金関係の話し合い。そうデポジットの返却です。