海外移住日記第130話 できれば常に逃げれるような状態でいたい

Pocket

さて引っ越しですが、基本的にはかなり楽観視しているところがありました。というのも元来私は物欲がないタイプ。常に部屋には最低限必要なものしか置かないようにしていました。理想を言えば、私はいつでも夜逃げができるようにいたい。別に犯罪を犯して何かから逃げているわけでも、誰かから追われているわけでもありませんでしたが、何故か常に逃げる準備をしていました。

しかし、そんな私ではありましたが、シラチャプレイスでの滞在も2年(途中一度シラチャプレイス内で引っ越ししたのを加えると)を超えていました。そのため、さっと見渡しただけでも思ったよりも荷物が増えているようでした。かと言って野郎の一人暮らし。引っ越し業者を頼むほどでもありません。

・・・まあいけるだろう。多分。それに、そういえば新しい家のオーナーが引っ越しを手伝ってくれると言っていました。何でも車(ピックアップトラック)を出して運んでくれるらしいので、シラチャプレイスからオーナーの家まで運んで車に詰め込むだけで、後はDOOR TO DOORで楽勝です。

しかし、上記のように、基本荷物を増やしたくない、物を全く買わない、手荷物一つですぐ逃げれるようにしている派、の私であっても、改めて引っ越しの算段を進めていると、その荷物の量に驚かされました。まさか、これだけ荷物が増えているとは・・・まあ、それだけここシラチャプレイスでの生活が私の一部になっていたということか・・・そう思うとちょっと感傷的な気分になりました。

考えてみれば、日本の実家を除けば、これだけ一か所に長く滞在したことはありませんでした。ちなみにですが、その次がカナダのバンクーバー留学中記事参照で間借りしていた部屋が約10カ月。その次がタイのチェンマイでタイマッサージ留学中記事参照に借りていたアパートが約8カ月。その次がブラジルのサルバドールで何もせずダラダラ暮らしていた時記事参照に間借りしていた部屋が約6カ月。

・・・うーん海外ばっかりだ。我ながら中々面白人生を送っているような気がする。まるでマンガに出てくる海外を放浪しているダメなキャラクターの設定のようだ。引っ越しの準備をするのが面倒くさくなってきたので、現実逃避しながら、そんなことを考えていました。