海外移住日記第131話 引っ越しの準備にとりかかる

Pocket

転居の日までまだかなり時間があるので、今から荷造りはできませんでした。しかし、どう楽観的に考えても今持っているカバンやスーツケースではすべての荷物を入れれそうもありません。かと言ってオーナーに何度もシラチャプレイスと新居を往復してもらうのも気が引けます。

そういえばオーナーに家を借りる条件として、エアコン、給湯器、冷蔵庫、ベッドをお願いしていました。それを確認するという名目で新居を見に行くことにしよう。ついでに荷物の事前搬入をお願いしようと思いつきました。そしてその場で荷物の中身だけ置いて、空になったカバンやスーツケースを回収してこよう。我ながらグッドアイデアだ。

そんなわけで事前搬入しても特に生活に困らないであろう、生活消耗品のストック、本、普段使わない服、年に数回しか使わない家電、などなどをまとめることにしました。そうして実際に荷物の把握をすると気づきました。これは荷物の事前搬入するくらいじゃあ無理だわと。

想像以上に荷物が多い。部屋の家具のありとあらゆる棚に荷物がぎっしり入っている。どうしよう・・・そうだ。荷物の一部を会社に持っていこう。出勤時にカバンに少しずつ荷物を入れてそれを会社の机やロッカーに荷物を保管してしまえ。そうして引っ越した後にそれらを少しずつ新居に持って帰ればいい。

どうせ当時勤めていたサービスアパートのフィットネスのロッカー(客用)はガラガラ。使っている人なんてほとんどいませんでした。そこを使ってしまえばいい。というわけで早速ビルディングマネージャーに確認すると、全然いいよと。日本だと規則やらなんやらと言われて不可になることもありそうですが、そこはさすがタイ。というわけで本格的に荷物の整理と引っ越しの準備が始まりました。