バンコク小旅行記14 SPANKYSからRAINBOW4へ 2018年夏

Pocket

ちなみにNANAのゴーゴーバーですが、店や嬢により多少異なってはきますが、2018年7月時点で、大体下記のような値段設定となっています。

ドリンク150バーツ~

レディドリンク150バーツ~

ペイバー700バーツ~

ショート2000バーツ~

うーん。時代を感じる。私が狂ったように通っていた20年近く前のNANAは↓のような金額帯だったような記憶があります。

ドリンク100バーツ~

レディドリンク100バーツ~

ペイバー500バーツ~

ショート1500バーツ~

軒並み50%アップ・・・それでも20年という月日を考えれば、そこまでの上昇率ではないのかもしれません。しかし、嬢の質や数は落ちて、金額だけが上がるというのも当時を知っている身からするとなんとも世知辛い話です。

まあ、そんなことはともかく、まだまだ居座ろうとする・2杯目のドリンクを頼もうとする友人を力づくでSPANKYSから連れ出し、2軒目(私にとっては3件目ですが)の店を探すことにしました。そこで候補に上がったのがレインボー3の反対側にあるレインボー4。

ここは確か20年前も1階のレインボー1,2が駄目なら第三候補として行ったことがあります。というかレインボー4が駄目なら全滅かも・・・そう思いながら覗いてみると、おおっ!ここは活気がある。そしてパッと見ただけでも可愛い娘が多そうな気がする。

ということで友人を連れ立って中に入ることにしました。店内はかなりの賑わい。客もいっぱいでした。そしてステージで踊る嬢もたくさんいました。そして嬢が客を連れて外に出ていき、連れ出されて一戦終わったであろう私服の嬢が店内に戻ってくる。

いいじゃない。いいじゃない。そうそう。ゴーゴーバーはこうじゃなくてはいけません。そして店から連れ出される嬢も、ショートが終わって戻ってくる嬢も、可愛い子が多い。ステージの嬢も可愛い子が多い。ここいいじゃん。そう思い友人を見ると、浮かない顔をしています。

・・・そうだ、思い出した!友人は(本人は自覚していないようですが)ブス専であり熟専。共通の友人たちの間では有名なモンスターハンター。ドカベンでいう岩鬼。彼の常識は私達の非常識。そうか彼にとっては可愛い(一般的に)娘たちがいるこの店はブサイクばかりに写っているのかもしれません。

・・・でも、そんなの関係ねえ。今日は私がゲスト。接待しろとまでは言いませんが、久しぶりのバンコク滞在。友人に合わせてモンスターを一狩り行くなんてまっぴらです。友人には悪いですが、しばらくレインボー4に腰を落ち着けることにしました。


モンスターハンター:ワールド – PS4