生きがいを何に求めると気楽に生きられるか?

Pocket

”仕事”とは何か?

仕事とは何だろうか?まるで哲学のような問いで、

そんなこと聞かれても知らないよ、と思わず言いそうになるが、

会社の面接などで聞かれると一般的には以下のような答えになる。

社会貢献の場、

自己実現の場、

自己成長の場、

人と人とがつながる場、

また、日本には国民の4大義務の一つに勤労の義務がある。

私たちは仕事をする義務を負っている。要するに働け、と国から言われている。

しかしほとんどの人はしなくてもいいなら仕事なんてしたくない。

それではどうやって働かせればいいか?そこで賢しい大人たちは考えた。

仕事にはやりがいや生きがいがあると。そう幼少期から教えてしまえと。

そして日本は神様ですら働いているのだから働かなくてはいけないと。

古い書物や神話まで持ち出して教育と言う名の洗脳を行った。

こうやって長い時間かけて行われた洗脳の結果、現在の企業戦士が出来上がる。

私たちは仕事にやりがいや生きがいを求めなくてはいけなくなってしまった。

欧米の神様は楽園で遊んで暮らしている

でも本当にそうなのか?実際はどうなのか?

もちろん仕事を生きがいにできるそんな奇特な人もいるのかもしれない。

仕事をするのが好きな人、仕事に行くのが楽しみな人、

そんな人もきっといることはいるんだとは思う。

でもそんなのは少数派だ。長い洗脳の結果そう思わされているだけだ。

いやひょっとしたらとっくの昔に洗脳なんて解けているけど、

皆と違うことを言ったらおかしいと思われる、皆と同じでなければいけない、

そう自分に嘘をついて無理矢理仕事に生きがいを求めている人もいると思う。

でももうよくないか。もう誰かがはっきりと言ってもいい。

仕事に人生の生きがいなんて求める必要なんてない、と。

周りに無理矢理合わせる必要なんてないんだと。

ちなみに私はもう仕事とは 我慢代 なんだと割り切っている。

やりたくないことをやる我慢代。

一日の内の大部分を拘束される我慢代。

嫌味な上司や馬の合わない同僚と過ごす我慢代。

ブラック企業にかかわらず、仕事や会社なんて大概そうだと思う。

そもそも仕事に生きがいなんて求めること自体が無意味なことだと思う。

仕事がしっかりできないと人生もしっかりできない?

そんなことはない。嘘っぱちだ。そう言ってるやつはほっとけばいい。

小さい頃に親に言われたことがあると思う。よそはよそ、うちはうち。

仕事が生きがいだと思い込んで自己満足に浸っている奴に付き合う必要なんてない。

趣味やプライベートを充実させよう

でも生きがいや、やりがいのない人生はさすがに生きづらい。

それじゃあ仕事以外に何に生きがいを求めるのか?

それは 趣味 や プライベート に求めよう。

と言うよりむしろ逆なんだと思う。趣味が生きがいだから、嫌な仕事も頑張れる。

我慢してやっている仕事にも精が出る。モチベーションがわく。

趣味が生きがいであれば、自由に色々なものを選ぶことが出来る。

楽しくなければ止めればいいし、飽きたら変えればいい。

でも仕事を生きがいにしてしまうとこうはいかなくなる。

理解力のある理想的な上司、生涯の友と呼べる同僚・・・

そんなものはマンガの中だけで実際には有り得ない。

仕事に生きがいを求めて人間を高める、そんな夢物語はぽいっと捨てよう。

そして仕事とは生活の為に仕方ないからやっている、と割り切って付き合おう。

やっかいなご近所さん、くらいに思って上手く付き合うくらいにしておこう。

働くな、ということではない。一生懸命働くことは良い。

趣味やプライベートを充実させるにはお金は必要だから。

問題は人生のをどこにおけばいいかということ。

軸が好きな趣味やプライベートであれば折れない。頑張れる。

その軸が嫌いな仕事だと簡単にぽきっと折れてしまう。

そして趣味やプライベートに比べて脆くて折れやすい

現状に満足しているのならばより高みを目指す必要なんてない。

会社に使い潰された挙句あっさり捨てられる、心身共に壊される、

そんな明日は我が身のニュースが日常茶飯事で起きている。

私たちはそんな被害者にはならず同じ轍は踏ます、

クビにならない程度に舌でも出しながら適当に頑張ればいい。