海外移住日記第135話 付属のテレビの故障の損失金は払うべきか思い悩む

Pocket

部屋を退去するにあたり、もう一つの心配ごとはテレビでした。私が住んでいたコンドミニアムには東芝レグザの40インチの薄型テレビが付随していました。しかし、当然日本のテレビは見ることができません。そのため特に使うことなく、電源さえ抜いて、放置してありました。しかし、ある日気が付きました。あれ?ひょっとしたらこのテレビ、パソコンとつなげればデュアルディスプレイとして使えるんじゃね?

というわけで早速近くのトゥクコム(IT機器が売っているデパート)に向かい、HDMIケーブルを購入して、パソコンに繋げてみることにしました。事前にざっとセッティングの仕方を調べていましたが、正直あまり参考にならなかったため、画面に現れる表示を参考に適当にセッティングしていたらなぜかできました。

おお!できた!ノートパソコンの画面がテレビの画面に映ったぞ!ノートパソコンは16インチでしたが、テレビは40インチほどあります。これはなかなかの迫力だ。ということは今まで16インチで見ていたYOUTUBEやマンガやそのたエロ動画も40インチで見れるということか・・・これは色々と捗る。

そう思い、しばらくデュアルディスプレイを堪能していたのですが、これが儚い命でした。使い始めて2週間ほど経つと突然テレビが映らなくなりました。いや普通にテレビは映るのですが、デュアルディスプレイにできなくなってしまいました。せっかくデュアルディスプレイ用に部屋の模様替えまでしたのに・・・

何が問題?TV?ノートパソコン?HDMIケーブル?それとも私の日ごろの行いが悪いから?グーグル先生で色々調べて、いろいろ試してみても結局復旧はしませんでした。まあ、本格的にエンジニアを読んで接続してもらえればできたのかもしれませんが、その時にはすでにデュアルディスプレイに対する熱意を失っていました。まあ、いいやと。

で、テレビに対する心配事ですが、このデュアルディスプレイにできなくなったことが、ひょっとしたらテレビの何らかの故障が原因かもしれないということでした。そして仮にテレビが故障していたとしたら、それも損失金が発生するのだろうか?根がネガティブな私はそう考えてしまいました。

・・・冗談じゃない。というかこの部屋に住んで1年半。全く使っていなかったテレビ。電源すら入れていません。むしろ邪魔だなー、なんて思っていました。やっとこの2週間くらい使うようになって、でもそれもほんの少ししか使えなくて・・・そんなものに損失金払えるか。というわけでテレビの件は初めから使ってないことにして、オーナーから何か言われたらそれで押し切ろうと思いました。