海外移住日記第136話 2年住んだシラチャプレイスから引っ越し

Pocket

そういえば引越し日前夜にあることに、はたと気づきました。そういえば今予定しているチェッアウトは1日。月末じゃなくて月初日。しかし本来の契約は月末まで。ということは本当は月末の日にチェックアウトしなくてはいけないんじゃないんだろうか?しかし、とりあえずオーナーからも管理スタッフからも何も言われていません。

そんなことをチェックアウト日前夜に気が付きました。いや、やっぱり普通に考えたら月末までの契約なら月末の最終日にチェックアウトするべきだよな、というか当時私が働いていたサービスアパートも、例えば1月31日までの契約なら31日中にはチェックアウトしてもらうように説明していました・・・

しくったー。完全に勘違いをしているような気がする。100%こちらのミスだ。しかし、コンドミニアムのスタッフにもオーナーからも何も言われていない。いいのか?このまましれっとチェックアウトすれば・・・まあ、仮に1日分を日割り精算されて請求されたとしても6,000バーツの1/31の金額で200バーツくらいなものです。

・・・ただ問題なのは、家賃とは別に発生している毎月およそ600バーツのサービスチャージはどうなるのか?ということです。これも日割りか?それとも満額か?うーん、もう考えるの面倒くさい。仮に請求されたとしても日割り精算額なら大人しく支払おう。しかし1ヶ月分丸々請求されるようならごねよう。そう思い前夜は寝床に付きました。

そんなこんなで迎えた引越し日当日。トイレとテレビだけでなく、チェックアウト日に関するもやもやがありながらのチェックアウト手続きを迎えました。ちなみに引越し日当日、私はあらかじめこの日は引っ越し用に有休をもらっていました。結論から先に言うと、心配事は全て杞憂に終わりました。

トイレとテレビに関しては、チェックアウト後にルームチェックがあるようなので、その時は分かりませんでしたが、後日何も請求されませんでした。尚、デポジット返却はチェックアウト日から2週間後とのことでした。尚、これはアパートによって変わってきます。ちなみに私がバンコクで昔泊まっていたコンドミニアムはチェックアウトの1ヶ月後にデポジット返却でした。

そしてチェックアウト日に関しても、こちらからは何も言わずしれっとチェックアウトをしたら、1日超過しているにもかかわらず何も請求されませんでした。長期間?(まあ1年半程度ですが)住んだからサービスされたのか?それともただ単に向こうもそのへんあやふやなのか?

・・・まあおそらく後者だと思いますが、そんなわけで特になんのトラブルもなくチェックアウトとすることができました。こうして通算2年以上住んだシラチャプレイスから初めてのタウンハウスへと無事引っ越しが終了しました。