ドイツ・フランクフルトFKK体験記 ドイツ×フランクフルト×FKK 2018年10月

Pocket

突然ですがドイツに行くことになりました。まあ本当に突然なんですが昔からドイツには、フィリピン同様記事参照もともと行きたいと思っていたのですが、何やかんや理由をつけて計画を先延ばしにしていました。それが今回やっと重い腰を上げることができました。

ちなみに行かない理由として、第一にチケットの高さがありました。過去興味がわいたときにさくっと調べた折には、どれも2万BAHT以上するチケットばかりでした。これは手が出ない・・・というわけではありませんが、しかし、それだけのお金を使ってドイツに行くにはそれなりの勢いと動機付けも必要でした。

しかし、先日何気にネットを見ていると安いチケットを見つけてしまいました(14950BAHT=約5万円)。これで、チケットが高いから・・・という理由が使えなく?なってしまいました。ちなみにこのチケットはヨルダンのアンマン経由便になります。

直行便の方がいいのではないか?という声が聞こえてきそうですが、年齢のせいなのか、それとも尾骨?尾てい骨?に何か故障でもあるのか分かりませんが、私はここ最近、長時間、特に3時間以上座っていることがしんどくなってきました。ちなみにこれがドイツ行きをためらっていた2つ目の理由となります。

腰が痛いわけではなく、お尻が痛い。なぜなのかは分かりませんが、最近移動の度にその悩みに直面するため、ドイツまでの片道10時間ほどの飛行機移動なんて今の私には、地獄すぎて想像すらできませんでした。というわけで元々(ドイツに行くとしたら)経由便を探していました。直行便よりも経由便の方が金額も安くなるし、これは一石二鳥だわと。

まあ、それでも今回購入したチケットはロイヤルヨルダニア航空という、ヨルダンのアンマン経由のチケットになるので、片道8時間くらいかかるのですが・・・本来はドバイとか辺りが希望だったのでした。まあ、そこは深く考えても仕方がありません。ついつい勢いでチケットを買ってしまいました。

思えば、ドイツは今から20年近く前にヨーロッパ横断旅行記事参照をした際には飛ばしていました。いや、本当は行く予定だったのですが、トマト投げ祭り記事参照に参加するため、どうしてもドイツ(だけじゃなくてフランス、イタリアも)を飛ばさざるを得なくなってしまい、結局飛行機を使ったという経緯があります。

当時はまさに泣く泣くヨーロッパの有名観光地をすべてすっ飛ばしました。まあ、と言う訳で思い立ったが吉日。どうせもともと行こうとしていました。この安いチケットを見つけたのも何かの縁。ということで即断してチケットを思わず購入してしまいました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする