シリア内戦で虐殺行為?アレッポで何が起こっているのか?

Pocket

シリア政府軍がアレッポ市民を虐殺!?

一体シリアで何が起こっているのか?情報が錯そうしすぎている。

いや本当は誰も状況を正しく理解していないのではないのか?

反政府軍を支援していたから、というのが虐殺の理由らしいが意味が分からない。

それが本当かどうか知る由もないが、そもそもなぜ同じシリア人同士で殺しあうのか。

いや殺し合いですらない。アレッポにいる女子供が大勢いるといわれている。

それじゃあただの虐殺行為。一部報道では、化学兵器を使ったとも報道されている。

国連は、アレッポでは人権がメルトダウンしていると言っている。

アレッポは美しい町だった。いやシリア自体とても美しい国だった。

まだ私がバックパッカーだった頃。今から20年近く前のこと。

首都ダマスカスは、「世界一古くから人が住み続けている都市」

とも言われ、まるで楽園のような美しい町だった。内戦が起こる前は。

当時シリアのダマスカスに青年海外協力隊として赴任していた、

友人を訪ねに行った大学3年の夏。シリアはとても素晴らしい国だった。

物価は安く、平和で治安が良く、夜中に歩いていても危険な感じは全くしなかった。

ご飯が美味しくないのとお酒が飲めないのが、玉に傷だったが。

それでも毎日ドキドキしながら、市内を観光していた。

日本人からすると、これぞ異国、という感じだった。匂いが違った。

アレッポで強烈に覚えているのは、巨大なまるで迷路のようなスーク(市場)で、

お隣のヨルダンにて別れた、日本人の女性パッカーと再会したこと。

なんか前から見たことある娘が歩いてくるなーと思っていたら知り合いだった。

ただ当時の中東旅行ではこんなことはよくあることではあった。

当時の中東旅行は大雑把に2ルートしかなく、

エジプトから入り、北上してレバノンかトルコに抜ける北上ルート。

トルコ、レバノンから入り南下してエジプトに抜ける南下ルート。

主にこのルートで、日本人も西洋人も全員同じルートで旅行していた。

なので、どの国のどの町に行くか何泊するか、の違いは人それぞれあったが、

当時そんなにバックパッカー向けの宿が少なかった時代、

エジプト、ヨルダン、イスラエル、シリア、レバノンと、

必ずと言っていいほど見知った顔と再会していた。

それは主にゲストハウスの部屋やサロンで、追いつきましたよー、とか、

いやー追いつかれちゃいましたかー、なんてそれはそれは平和な光景だった。

しかしさすがに迷路のようなスークでばったり会うとは思わなかった。

そしてお互いに山のようなアレッポ石鹸を抱えていたのを見た時は、

思わず、お前もか!!!、と言い合って笑いあっていた。

その後彼女と一緒にシタデル・オブ・アレッポという砦を見に行った。

シリアはそれ以外にも、クラック・デ・シュバリエ、パルミラ遺跡

ユーフラテス川、など見ごたえがある場所がたくさんあり良い思い出しかない。

そんな大好きな街が今は破壊しつくされ見る影もなくなってしまった。

それだけでなく虐殺行為まで行われているとは・・・

アレッポ市民が残しているツイートが生々しくて震える。

誰と誰が争っていて、誰が何を欲しがっているのか?

かの地で何が起こっているのか誰か教えて欲しい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする