海外で出会った稀代の天才たち

Pocket

人生40年近く生きてきて、色々な国に行き、色々な人に出会いました。そんな中、この人は天才だ!って思った人が何人かいます。

タイのチェンマイでタイマッサージの修行をしていた頃に出会った。当時チェンマイでは、かなりの変わり者で良くも悪くも有名人でした。彼は、マッサージだけで重度のマヒを完治できると豪語していました。しかし行く先々でトラブルを巻き起こし、次々と居場所を変えていきました。しばらくしてSNSを確認してみると豊胸マッサージをやっていました。その後は新興宗教の教祖をやっていると風の噂で聞きました。

シリアのダマスカスで出会った大学生のN君。イスラエルの首都エルサレムのインティファーダ(パレスチナ人のイスラエルに対する抗議デモ)に参加し、最前列でイスラエル軍に向かって石を投げていたリアルクレイジージャーニー。イスラエル軍が威嚇射撃で撃った弾がすぐ近くを飛んでいきましたよー、と笑顔で語るその彼は少し怖かった。

ブラジルのサルバドールで知り合ったJさん。何でも有名なサーファーらしく、上岡龍太郎のTVにも出たことがあるらしいとのこと。波が良いところを求め世界中探し周り、ブラジルのサルバドールに腰を据えた人。出会った頃は3年ほどサルバドールに不法滞在しており、南米旅行者には有名でした。ちなみに私はその人が住んでいた長屋に泊めさせてもらっていました。

まあ、そんな変わった人との出会いが少なからずあったわけですが、そんな中でも一番ぶっとんでた人。それが、タイのチェンマイに住んでいた時出会った旅人Sさん。彼がそもそも旅に出たきっかけは最愛の恋人との別れだったらしい。

別れの寂しさからの勢いで中国行きの船に乗り、上海に到達。そして、そのまま中国横断。その後はそのままウイグルを抜け、中央アジアのキルギスタンに突入する。キルギスタンの首都ビシュケクでスウェーデン女性に一目惚れされ何故か軟禁状態になるも、なんとか脱出しウズベキスタンの首都、サマルカンドに到達。

ほっと一息つき、市内観光していると突然後ろからタックルを食らったらしい。後ろを振り返ると振り切ったはずのスウェーデン人の彼女がいたとのこと。殺される、さすがにそう覚悟したらしいのですが、何とか話し合いで円満解決。その後再び旅行を続けパキスタン入り、パキスタンで絨毯を2枚購入(重量13キロ)。

それをバックパックに積んだままインドに到着。インドのカルカッタで伸びすぎた髪の毛を切ろうと思い、現地の理容院へ向かう。そこで強烈なパーマをかけられ往年の松田優作ばりの髪型にされる。そのままネパール、タイと移動しタイ北部のチェンマイへたどり着いたとのことでした。

そんな時に私は彼に出会いました。彼と同じホテルに泊まっていたのですが、彼の第一声は、絨毯の上で紅茶飲みませんか?でした。既述のパキスタンから運んできたという絨毯の上で彼とは色々なことを話しあいました。余程気が合ったとしか思えません。それこそ1日10時間以上は話していました。

そんな彼との会話の中で一番印象的だったのがこちら。

”これからは、肉食系、だの、草食系男子、だのはもう古い。”

”これからの時代に必要なのは、マグロ系男子 だ。”

”男は大地(ベッド)の上で大の字であれ”

そんなことをお酒を飲みながらずっと話していました。

皆元気かなー。