とりあえずの海外逃避先としておすすめの国5選

Pocket

海外に逃げる

もう生きるのが辛い、苦しい、逃げたい。そんな時は、逃げたらええがな、と言うことで海外にサクッと逃げましょう。しかし日本では何かあると逃避行先として挙げられることが多いのがアジア。小説でマンガで映画でも、何故かアジア、特に東南アジアに逃げる悪人や凶悪犯人が多い。そのため未だに東南アジアの治安が悪いという刷り込みがあるのかもしれない。アメリカやヨーロッパの方がアジアよりも格段に治安が悪いのに。

最近でも有名芸能人が東南アジアに逃げたとの報道がありました。そんなイメージはともかくとりあえずの逃避先として東南アジアはありだと思います。まず何と言っても、

・近い。

・物価が安い。

・常夏で嫌なことが忘れられる。

・現地の人が良い意味で皆あまり深く考えず生きているので、

 自分の悩んでいることが何と小さくアホらしいことかと思える。

・東南アジアに来ている外国人も良い意味でも悪い意味でも、

 スネに傷がある、何か抱えている人が多い(個人的な主観)

などなどが主なお勧めする理由となります。そんな中でもここに逃げておけば間違いないという国を挙げていきます。

タイ

言わずと知れたアジア有数の観光大国。年間140万人近い日本人が訪れる。バンコクには石を投げれば日本人に当たるくらい日本人がいます。そんなタイでは、バンコクでしばらくの間、自堕落に暮らすもよし、チェンマイで静かな時間の中で心を静めるもよし、パタヤなどリゾート地でのんびりするもよし、何をするにしても1週間も過ごせば心も体もリフレッシュされます。

カンボジア

カンボジアは最近外国人誘致に力を入れているお勧めの国。別記事参照。首都プノンペンは多少スリリングですが、欧米主要都市に比べればまだまだ平和です。どれくらいかと言えば(完全に主観)東京の新宿や六本木、渋谷などと同じくらい?名古屋生まれ名古屋育ちの私からすると感覚的な怖さは、東京=プノンペン>名古屋、な感じです。そして何と言っても世界遺産アンコールワットを有しています。

フィリピン

フィリピンは逃避先の代名詞のような国。まずは英語が通じると言うのが大きい。と言うか日本語も通じたりします。この中では一番治安が悪いですが、人間というのは不思議な生き物で、治安が悪い国に行くと自然と備わっている自己防衛本能が働き、日本で暮らしている時よりも心身ともに機敏になり適応できてしまいます。また危険なのは都市部(というよりマニラ)で、ビーチリゾートは平和です。

台湾

まず何といっても近い。下手に国内旅行するよりも近い。この中では一番物価が高いが、それでも日本よりは少し安いくらいです。何と言っても世界一の親日国。下手したら日本人より日本が好きでいてくれます。余程運が悪い人でなければ台湾で嫌な思いをすることはありません。そしてご飯が美味しい。日本語がかなり通じる。最悪筆談でも会話できる。

ベトナム

ベトナムに逃げるならどちらかというとハノイよりもホーチミンの方がお勧めです。中国に近いハノイはベトナムが共産主義国だということを思い知らされます。飲食店などのサービス精神はなし。店は夜の9~10時は閉まり真っ暗になる。心身共にリフレッシュするというよりは余計に陰鬱になってしまうかもしれません。それに比べ南のホーチミンはアジア的な解放感の溢れる雰囲気があります。

今回はアジアを中心に取りあげましたが、それは何と言っても近いということが理由になります。海外逃避先とはいえあまりに日本から遠いと、もう日本に戻れないのではないか?そんな余計なプレッシャーを感じてしまうのではないかと思ったからです。

しかし海外逃避を重大な人生の決断でも何でもなく、まずは手軽にさくっと、まるでプチ家出のような感覚で利用できると思うことが重要なのだと思います。また全ての国に言えるのはやはり物価が安いということです。金銭的な不安を常に抱えてしまうと気軽にリフレッシュすることはできません。精神衛生上もよくありません。

そして何と言っても私個人のこだわりとしてご飯が美味しいところを選んでみました。