海外移住日記 第14話

Pocket

7年前と比べて物価倍。浦島太郎状態

海外移住日記第14話 タイ就職活動

7年ぶりのタイは相変わらず蒸し暑かった。えもそれも仕方のないことでした。だって今は7月。降り終わった雨が水蒸気に変わり湿度を上げていました。

7年ぶりにタイに戻ってきた第一印象は、あんま変わんないな、でした。しかし大きく変わったことが一つあった。それがエアポートリンク。何やらこれに乗れば市内まで快適に行けるとのことでした。しかしそれは半分本当で半分嘘でした。

確かに空港から市内まで一発で行けた。それは本当でした。しかしこのエアポートリンクの問題は、エグイくらいの込み具合でした。これは後から聞いた話ですが、このエアポートリンクは乗車率が軽く100%を越え、日本の満員電車クラスの込み具合と、運休や遅延がひどさでとても実用使いは、難しい代物でした。まあ空港から市内のペップリーまで35Bほどで行けるのは有り難いのですが。

そんなエアポートリンクでマッカサン駅(地下鉄ペップリー駅)まで行き、地下鉄に乗り換え一駅北にあるラマ9世駅に向かいました。ちなみにこのペップリー駅からラマ9世駅までのたった1駅も地獄でした。ちょうど時間が帰宅ラッシュと重なっていたので激込みしており、プラットフォームには長蛇の列ができており3本列車を見送り、ようやく満員電車に乗ることができました。

私がバンコクで泊まったところはラマ9世駅の裏にあるサービスアパートでした。タイに来る前に散々考えたのだが、やはりゲストハウスに1か月泊まるのはきつい。かと言ってホテルに1か月は高い。アパートは最短でも半年は住まなくてはいけない。と言うことで月借りできるサービスアパートメント、タナタウェイプレイスというホテルに泊まることに決めたのでした。

しかしその途中でちょっとしたトラブルが起きました。1か月分の家賃は前払いだったので、それを国際キャッシュカードで引き出そうとしたがなぜか引き出せなませんでした。ATMを変えて試してみるが何故か使えない。一気に冷汗が流れました。こちらでの生活費は全てキャッシュカードで引き出そうと思っていました。現金はそんなにもってきていない。キャッシュカードが使えなければ生活できない。

そして頭の中で最悪のケースを考え始める。1か月の予定を大幅に繰り上げて帰るか?!いやそもそもホテル代チェックイン時に1か月分前払いだぞ!そのお金を出したらほとんど手元に残らない!どうするどうする、とパニックになり手当たり次第に違うATMを試してみました。近くにロータスと言う大型のスーパーがあったのでその中にある、イオン銀行のATMを最後の頼みの綱としてキャッシュカードを入れてみました。

・・・引き出せた!あとあと確認すると当時使っていたUFJ銀行が、国際キャッシングのサービスをやめるとのことだった。どうやらその影響で海外で引き出しができなくなっていたようでした。そして何故かイオン銀行だけが使えたというわけでした。

何とか一息つき、ホテルに向かい部屋にチェックインをしました。そしてシャワーを浴び、着替えて地下鉄ペップリー駅に向かいました。実はタイに住んで働いている友人と待ち合わせをしていました。

話は遡ること2週間ほど前。チケットの手配をしたことを友人に知らせたところ、その日予定を繰り上げて時間開けるから久しぶりに飲もう、ということになっていました。・・・およそ3年ぶりに会った友人は、1週間前にぎっくり腰になっていました。その為明日の飛行機で日本に一時帰国して治療をするのだと言いました。

逆に何てタイミングだと。私は貧乏神かと。

タイに着いて友人と酒を飲みほっと一息ついてよくよく見てみると、やはり7年ぶりのタイは大きく変わっていました。何が一番驚いたかと言うとやはり物価。7年前と比べると感覚的には全てがおよそ2倍の金額になっていました。そして服や電化製品など付加価値の高い物はすでに日本より高くなっていました。

個人的にビックリしたのがシャツ。タイで就職活動するならスーツとシャツがいるが、そのシャツがまた高かった。庶民的なスーパーで買っても日本で買うより高いです。そして何だこれ?と思う、一度洗濯したらボロボロになるような素材でした。それが300B(約1000円)でさー、と友人に言うと一言、それが今のタイやで、とのことでした。

そんなこんなで7年ぶりのタイの初日の夜は更けていきました。