自己紹介

Pocket

海外移住が簡単だって事を自分の人生で証明しようと思う。

~私自身のこと~

皆さま、はじめまして。私は現在38歳のmasagistaと申します。突然ですが、私は今タイパタヤで暮らしています。何やかんや色々あった結果、ここパタヤに流れ着きました。私は今ここで投資家P・T(パーマネント・トラベラー)と呼ばれるような生活をしています。

日本では、マッサージ師として7年活動し、その後不動産業界に転職。そしてブラック不動産会社を脱サラした私が、日本を脱出し、海外に逃避し、今現在ここタイのパタヤで投資家、P・Tのような生活をしているのは何故なのか?まさかこんな人生を歩むことになるとは、自分自身夢にも思っていませんでした。

こんな私の生き方に興味のある方(いないかもしれませんが)、また、私も人生をやり直したいと思われる方、そんな方達のための参考になればと思い、筆を執りました。バックパッカー時代から書いていた海外に関する日記とブラック企業での日々の記憶、そして海外移住へと至った現在までの経緯。どのような流れで人生が転がっていったのか私自身、記録として残しておきたい、そう思いましたので過去の資料と記憶を基に備忘録として書いていこうと思います。

53ca3f6a28a8684762fcf6b8d5ad199d

投資家のような生活をしていると書きましたが、特別専門的な知識があるわけではありません。ただ投資に関して昔から興味はありました。そのため下手の物好きという感じで、ちょこちょことやってはいました。現在は株と不動産投資の薄い収益があり、何とか生活をしています。

しかし、に関しては過去にたまたま底値で買うことができただけ。不動産に関しても前職が不動産業界に従事していたことがある為、その時にたまたま手頃な収益物件を格安で手に入れることができた。そんなラッキーだった過去があったという言うだけで株式投資や不動産投資の知識や才覚が特別あるわけではありません。

今の投資スタイルは今の自分に合っているとは思います。しかし今のやり方が正しいのかどうか私には正直さっぱり分かりません。そもそもこれからやり方自体変わっていくかもしれません。今現在も金融や投資、株や為替の勉強はしている最中ですので、投資を専門にしている方達のような確立された理念や信念というものはありません。そういうことが知りたければ、もっと最適な方やサイトが別にあると思います。と言うか私自身も知りたいです。

同じくP・T のような生き方とも書きましたが、そこまで厳密に厳格にP・Tとしてのルールを守っているわけではありません。絶対に税金を払いたくないというわけでもないですし。一生旅行し続けようとも今は思っていません。5フラッグ理論のように国を明確に決めてもいません。タックスヘイブンの国に居住しようとも今のところ全く思ってはいません。どちらかというと短期滞在できるビザで各国を転々とするスタイルになります。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b97

~今後は~

というよりも・・・もう何事においても行動的に生きたくない。そこまでストイックに生きたくないからこそ、このような形でこの場所に流れ着いたとも言えます。このまま一生こういう生き方をしていくことになると思います。もうこういう形でしか生きていたくないし、でも生きてはいかなければいけないし。考えて調べて逃げぬいた結果として、こういう生活を選びました。

頑張りすぎず、のんびりと、難しいことはあまり深く考えず。かつ高望みせず、贅沢もせず、それでもぼけーっと、自由に、心静かに。そして誰にも迷惑をかけず。そうして生きていきたいと思っています。

私は海外で活動する投資家の皆さんや海外移住者のように月に何百万も稼ぎがあるわけでも、特殊な能力があるわけでもありません。また資産も特にありません。ただ生活ができるだけ、ただ生きていくことができるだけの稼ぎがあるだけです。おそらく今これをご覧の方よりも収入は低いと思います。それでも贅沢をしなければ、生きていくことはできます。

facebook_-1790767686

~ご覧の皆さんへ~

私も、日本から逃げたい海外に住みたい、人生を変えたい。そんな私と同じような考えの方がひょっとしたらいるのかもしれない。でも英語力がない。投資力もないし、資産もない。そう思っている貴方と私は同じです。私にも今何もありません。今は何者でもない私と貴方がいつか本当の自由を手に入れるため。私の人生の経験と体験をもって、貴方が海外移住をできるようになる。そんな方法をお伝えしていきたいと思います。

そしてこの記録が皆さまのお役に立てれば幸甚です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする